日常的金銭管理サービス

日常の暮らしの中にはさまざまな場面で判断を迫られるケースが無数に存在しています。しかし、高齢者の場合、適切な判断が迫られる中、なかなか判断を下せないという人も大勢います。特に日常生活の中では金銭にまつわるやり取りが頻繁に発生するため、高齢者が思わぬ金銭トラブルに巻き込まれてしまうケースもあります。
そこで高齢者が安心して毎日の暮らしを送るための手助けとして、日常的金銭管理サービスという福祉サービスが提供されています。このサービスは全国の市町村の社会福祉協議会が窓口となっており、預貯金の預け入れや引き出し、あるいは年金受給、税金の納付などを高齢者の代わりに行なってくれるというサービスです。
このサービスによく似たものとしては成年後見人制度という制度がありますが、成年後見人制度では金融機関の口座の名義は高齢者自身のものとなっていますが、実際に管理をするのは後見人となっています。それに対して日常的金銭管理サービスでは金融機関の口座を管理するのはあくまでも本人であり、生活支援員が高齢者の代理として金銭の出し入れを代行するかたちとなります。そのため、このサービスは金融機関へ足を運ぶのが困難な高齢者などに適したサービスといえます。

クレジットカード

Comments are closed.