40代に必要なこと

40代は実はお金に関しては最も厳しい状況に置かれている場合が多い年代です。まずは教育費ですが、この年代では子どもは高校生あるいは大学生といった最もお金のかかる時期に入ります。小学校中学校と、私立であった場合は別にして、それほど教育費の心配はありませんでした。ですが、教育にお金が掛かる本番は大学を控えた高校生と大学生なのです。もし私立で下宿となれば、その4年間の費用は数百万にもなるのです。就職もスムーズにいかない現代では奨学金を借りるのもその後の支払いを考えたら躊躇してしまうところですが、教育にかかるお金に関してはよく親子で話し合い、ここまでは援助できる金額をしっかり伝えておくことが大切です。また親の介護の問題も避けて通れないのがこの年代です。もし両親の介護が必要になったとき、その施設に入るのも大変です。入りやすい金額の施設では何人かの人たちが順番待ちをしている状況なのです。また自宅でとなりますと、その精神的負担だけではなく、費用も大変です。自分たちの老後の資金をためる余裕などまったくない厳しい年代ですが、優先順位を確認し、50代に向けた資金計画をきちんと立てておく必要があります。過ごし方次第で、今後の生活に大きな差がついてしまう年代でもあります。

お金05

Comments are closed.