30代に必要なこと

30代の資産計画を考える上でまず考えなければならないのが、各々の現状と将来のライフプランをしっかりと把握・見据えることです。
例えば、現在独身の方は結婚資金や将来の住宅購入費用の為に計画的な貯蓄計画を組んでいかないといけません。特に住宅購入については、今後の家庭状況の変化に臨機応変に対応できるよう準備をしておく必要があります。
また、既に結婚して家庭を持っている場合は住宅ローンを組むことを考えたうえで、その他子どもの教育費用の貯蓄や万が一の際の生命保険の死亡保障金額の見直しも必要となってきます。
また、家族状況に関係なく考えなければいけないのが、大きな病気へのリスクに備えられる保険商品の検討です。
若いうちに病気に病気にかかった場合、進行が早く危険が大きい為万が一の場合に備えて治療費を準備しておく必要があります。
また病気や事故により後遺症が残ってしまった場合、介護が必要になる期間も若い方が長期になる可能性が高いのでその間の介護費用や、本来働いて確保するはずだった収入を補填してくれるような内容の保険の検討も必要です。
多様なライフスタイルの広がりによって同年代でも必要な資産計画がひとりひとり違うので、困ったら専門家に個別相談を受けることも大切になってきています。

お金04

Comments are closed.