資金計画と資金管理

現代の日本では収入を貯蓄にまわすだけではなく、様々な投資が身近になりました。そのため各種投資に資金を運用する事で将来的に利益を享受出来る事を目的に多くの人が活用しています。しかし、そんな資産運用には明確な資金計画と資産管理を行う事が非常に重要です。

ポートフォリオを呼ばれる事が多い、資産の管理と運用方法や運用先も選定を明確に行う事で、いつまでにどれぐらいの金額を運用し、どれぐらいの利益を得る事を目的とするかで投資先や運用方法が変わって来ます。長期的に安定的に運用するのであれば、リスクの少ない投資方法を選択しますし、少しでも利益を増やす事を目的にするのであれば、少々リスクが高くても利益優先の投資方法になります。そして投資期間も非常に重要になります。何十年というスパンで考えるのか、数年という短期間のスパンで考えるのかで保有すべき投資商品が異なります。
この様に各種目的や期間を明確にする事で、投資先や方法が異なりますので、投資を考えている人は前提条件から考える事を始めましょう。そして、目的が明確になればポートフォリオを作成していき、どの投資先に運用できる資産や資金の何パーセントを投資するのかを判断して行く事でポートフォリオを完成させて行きましょう。

お金01